--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.18

コードギアスが面白すぎる

年末に向けて垢があるだけ再UPしていこうかなと。
年が明けたらどうするか。
結局、調子を戻そうと更新しようとしてみたものの駄目だったし。
落ち着くまで閉めてみるのもいいかもしれない。
一応、ここだけは残して。
出口の無い迷路とかトンネルとかよく言ったものだなと思う。
使い古された表現ながらピッタリとはまってはずれない。
どうにしかしたい。

・コードギアス~反逆のルルーシュ~ 第10話「紅蓮舞う」

「今貴方に関わっている時間はないんですよ、オレンジ君」
こういう神経を逆撫でする台詞を言ってくれないかと思っていたら本当に言ってくれた。
やはりオレンジ事件は生で全国区に放送されたことによってメディアを通して既に全国民に知られているということかな。
ギアスを使われてその効果が一番尾を引いてるのはこの人だろう。
ある意味「死ね」より酷い。


そして怒り心頭のジェレミアの前に現れたのはカレン操る新型、純日本製ナイトメアフレーム紅蓮弐式。
こiいつの右腕はいいですね。
こういう腕っていつから好きになったんだろう。
真っ先に思い出したのは『るろうに剣心』に出てきたスパイダーマンみたいな人。
次いでハイゴッグ。
それより他に何か知ってるとは思うんだけど。


右腕の危険性に気付くも見切れず、シャイニングフィンガー的な物が火を噴いてジェレミア卿敗北。
生死の行方は。
脱出装置が動いたからには生きてると思いたい。
お約束だと、何かしらで復活して重要なところでルルーシュの邪魔をするキャラになりそうなのですが、安易にそんな風にはなって欲しくない。
もしくは今回のことで精神異常になって最終話のエピローグ辺りで本当にオレンジ畑耕してそうな気もする。
見舞いに行ったヴィレッタがフルーツ盛り合わせのバスケットを持っていて中にオレンジ見つけて発狂とかも。
死んでた場合は墓前にオレンジが山ほど添えられていそう。
ネタ想像には事欠かないなこの人。
先週の「腐ってやがる」は変顔になったジェレミアにこそ似合うと思った。
巨神兵がどうこう言ってる場合じゃない。
しかし「イレブン風情の技術」と侮り、手前ゼロに馬鹿にされ頭に血が上っていたにも関わらず、右腕に何かしらあると気付いたあたり、ジェレミア卿の技能は普通に高いものではないかと思った。
ただこういったシチュエーションでそれほど強くも無い敵キャラが気付いてしまうとどうにもならないというのもお約束。
「あの右腕何かある!」と気付いた時点で視聴者は「あ、ヤバイ」となり、
「間合いさえ取れば!」の台詞で「あ、これは腕が伸びてやられるな」と思ったはず。
次回のOPからジェレミアが消えている、もしくは白黒になっているようなことがないことを祈ろう。

・web拍手返信
>3バルカン最高っス。真面目なMADしか作らない人だと思ってました、すいません
どうもです。
ということは今でもファイズ好きということですか。
笑える物とか難しいですし、浮かばないから確かにあんまり作らないですね。
作れないと言った方が正しいのですが。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://garneteyes.blog46.fc2.com/tb.php/39-1a558c85
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。