--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.08

地獄少女を全部見た


地獄少女見てたらルルーシュ出て来た。

中の人が一緒。
超能力者。
マント。

こう書くと単なる箇条書きマジックになりますが、演技もルルーシュ寄りの性格と低音の声だったので似ているなって。
福山潤さんは普通の声が男声の女性声優っぽいから、低音が珍しく感じて印象強かったです。
他にやってるアニメは武装錬金とプリンセス・プリンセスぐらいしか知らない程度の知識ですが。


地獄少女・閻魔あいにゴスロリ衣装を着せるという偉業を達成し地獄に流されました。
でも着せた直後に超能力で燃やすという勿体無いことを。
しかしこれは本当に似合っていた。
人形を着せ替えて楽しむってこういう感覚なのかもしれないと、適当な萌えキャラが適当なそれっぽい萌え服を着るのとはまた違った風に見えるぐらい。

このアニメはちまちま見ていると駄目ですね。
毎回鬱展開ばかりなので、分けて見てると沈んだ気分を日毎に感じてしまって。
途中から地獄少女の復讐代理を防ごうとする柴田親子が出てきてから、「あ、ひょっとしたら今回は珍しく円満に解決かな」と思わせておいて後5分余ってる、とか。
2,3回繰り返されるともう悟り始めて「地獄に流さずに終わるかな」と思ったら、時間に目をやって「ああ駄目か」と思うのが常になってました。
一度使わずに終わった話があったのですが、最後の最後に地獄少女と連絡を取るためのパソコンを見つけて……というホラー物によくある演出で終わり。
最初から最後まで容赦の無い筋を通した内容でした。
クオリティも安定していて、時折見入ってしまうほどの絵が。
割と面白かったので二籠も見ようと思ってます。
ドラマの方には一目連を仮面ライダーカブトで同じみ、仮面ライダードレイク・風間大介役の加藤和樹が出ていると知ったので見てみたのですが、この人は本当に演技が変わってない。
文化放送日曜か土曜にやってるマベラジオという番組の告知のコーナーで、テニスの王子様の跡部(テニプリミュージカルで跡部役)と仮面ライダーカブトの風間大介のどちらをやるかゲームか何かで決めて跡部でやったところ、跡部を知らない人は風間大介、風間大介を知らない人は跡部を想像すればいいぐらいの演技だった。
一目連も大体一緒です。
平成ライダーをクウガから見ていてここまで慣れない演技をする役者は初めてかもしれない。
仮面ライダーアギトで逆がありましたけどね。
ギルス・葦原亮役の友井雄亮が序盤は出番が少なく、それがもともと台詞の少ないダークなキャラに比例して良い感じだったのに、後半で出番と台詞が増えるにつれて抑揚の無いかすれた声が表に出始めたという。
カブトでは出番が少ないせいで慣れないか、もしくはキャラそのものに慣れないか。
響鬼の明日夢君は全く慣れなかったのに、劇場版のは大丈夫だったから後者やも。
ドラマの地獄少女は閻魔あいが結構な棒読みなので見続けるかどうか。
一目連以外の三藁も輪入道はいいとして、骨女が怖すぎる。
役者が杉本彩なせいか、見た目、演技ともにドスの聞いた感じに仕上がっていて、アニメに慣れている自分には受け付けない。
アニメのエロ担当のようで露骨にエロくない美人さが丁度いい。


Posted at 23:47 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2006.12.06

チョキを認識し辛いから脳トレに飽きた。

気分の浮き沈みが酷い。
前からこんな感じだった気もする。
山あり谷ありで谷の部分が長い。
山の部分を進んでいると唐突に落とし穴があってそこから洞窟が続いて出たかと思えば谷という感じかもしれない。
洞窟部分は下り坂で。
イラッと来て携帯ぶん投げてアホみたいに叫んだ時は「自分ってここまで頭悪かったんだな」と新たな一面を発見した。
そのストレスのせいか無性に煙草が吸いたくなって、禁煙していたはずなのに喫煙。
3、4ヶ月ほど前に一度吸ってみたところ体が全く受け付けなくなっていたのに、今回はすんなり体が受け入れた。
何故かはわからない。
が、なんとなく煙草は必要な人には必要なんじゃないかと思った。
頭がボヤけて来て、それが理由で落ち着くというかボーッとした状態になることで安定してくる。
よくないはずのことがよい方向に働いているような気がしないでもない。
もうそんな物のおかげでどうにかなってる時点でどうかしてるということに気付いている自分がいるから悲しい。
今ある1箱でやめます。

土日のアクセス解析を見ていると「アンジェリーク ポッキーの日 MAD」というカオスな検索ワードでのアクセスが大量にあった。
滅多に更新しないTOPが妙なワードで定着してますね。
1,2日後にはどこにそのワードで検索すればここの来ますよと晒されていたのか判明。
別にいいのですが、検索ワードを見たときは何かと思った。
そろそろ更新しましょうか。
してること書いてないから。

適当に幾つか再UPしてます。
25.30.35.37.42と書いてみると結構多い。
どれもこれも久しぶりなので、製作途中の思い出そうと適当に覚え書き程度で書いていたら、42だけえらい長くなったので載せるのやめました。
普段やらないことをやったせいか、全体を通して「面倒」「辛い」など愚痴っぽく、結果的にどこでどう手を抜いて作ったかという話になったから。
文章眺めて自分で「いくら何でもこれは酷い」と思うぐらいの箇所に渡って。
どこぞの建築士が鉄筋の数減らしたとか大体そういう感じです。
だから軽めに。

・OVER SKILL
3ヶ月ぐらいかかったと記憶してる。
曲が辛かった。

・やつらは覚醒てる
剣挿入歌はなんだかんだで覚醒がいいです。
ROD-THE TV-は14話以降見てません。

・3バルカン
作ってて普通に楽しかった。
ヘタレたライダーは今もいますが、三原デルタほど力強く感じないライダーは未だいないと思う。

・igNighted
割とスムーズに作っていたはず。
もう画の方は使おうという気にすらならないあたりがもう。

・DESTINY BLAZE
作った後にfullfulat氏のignitedを見て非常にヘコんだことが一番の思い出。
ステラが踊ってる部分まんまパクッてるようにしか見えないから。
知っててやったならまだしも、知らずにやったからこそヘコんだ。
所詮自分程度の頭で浮かぶアイデアは既に他人が通過しているのだな、と。

・web拍手返信
>コードギアス、次回は総集編だそうで・・・某種みたいにならないように祈るばかりです
予告の映像が半分ほど流れた時点で「まさか……」と思ったら案の定でした。
でも「8.5」となっていたことに安心しましたよ。
そういうカウントでなら何度やっても構わないと自分は思っているので、
勢い衰えないままの作品を作って欲しいです。
Posted at 00:11 | 未分類 | COM(1) | TB(0) |
2006.11.21

自主制作物でこれが一番好きかもしれない

怨念戦隊ルサンチマンがyoutubeにあった。
何もかもが懐かしい……。
1は見たことなかったけど、2,3は本当に懐かしい。

コムーロ大帝、アムラー参謀、キームタック将軍とかいたいた。
特にアムラー参謀が妙に気合入ってて、コムーロ大帝が半端に似てる。
そんな元ネタの時代がわかるから余計に懐かしく思う。
たまごっち流行ってたな、とか。
ジョージアのCMあったあった、とか。
……セル画は今やもうないが……。

今見てもわからないのはルサンチマンとパンピー帝国どっちが悪者なのかと。
「その人達を一般人にはさせないわ!」
この台詞は相変わらず光ってるわ。黒く。
『ときメモ遊び天国と地獄』は上手いこと大日本のパロディやってる。
笑いどころなんだけど、一般人がギャルゲーで堕落するっていうのは妙にリアルで。
オタクを捕まえてバズーカの弾にする下りだけはよく覚えてた。
「君の犠牲は忘れないぞ」
オタクを守れと言いつつこの台詞。酷い。

そして登場するお約束の巨大ロボ。
ビッグサイトから出てくるってのはビッグサイトロンを彷彿と。

OPEDもよく聞くとネガティブな歌詞満載。
とても正義側とは思えない言葉がありまくり。
確かチェンジマンの替え歌だったと思う。

前にないかと思って探したら見つかったんで、他にもないかと探したらあった。

国防挺身隊 第01話
国防挺身隊 第02話
国防挺身隊 第03話
国防挺身隊 第04話
以前探したときは2話までしかなかったのに全部揃ってた。
隊長役の人が結婚して奥さんにやめてくれと言われたため続編がなくなったという話を聞いた覚えが。
事実だとしたらそりゃそうかもなと思う。
タイトルコール等の声がたまに子安武人に似ている気がする。

ライダー神風 第01,02話
主題歌だけは押さえとこう。
ポスターを剥がして燃やすあたりも必見か。
それはやっちゃ駄目だろ……。
ライダー神風 第03~最終話
初視聴。続きがあるとは知らなかった。
ライダー誕生の秘密がいきなり脳改造から始めるショッカーみたいな感じ。
というかちょっと笑えない……。

竹下パフォーマンス 秘芸! 水戸黄門
一人で水戸黄門。
初めて見た時は感動した。
そして笑った。
「はっ」「はっ」「はっ」

youtubeは何でも揃ってるな……。
探せばまだ見ぬ名作がありそう。

・web拍手返信
>ご苦労さまです。
>ワタシも最近お腹に肉がついてきてやばいです・・・(汗)早いうちになんとかしないと

肥満に関しては対処できる内に対処した方がいいですね。
自分は更にどうしようもない現在ある自分の欠点、
もしくは将来的に出来るであろう欠点を見つけて、
「それに加えてデブ……」
と考えると、これだけはどうにか出来る、どうにかしよう、という気持ちになるので、
後ろ向きながら頑張りたいと思ってます。
Posted at 23:09 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2006.11.17

走る

スポーツクラブ行って久しぶりにインボディで身体の状態測ったら、
体脂肪率が22%超えてた。
一瞬理解が出来なかった。
心臓が悪い意味でドクンと鳴るあの感覚。
その後、自分より速く長く走ってるお年寄りが普段より割と多くて更にヘコむ。
家に帰って半年前に測定した紙引っ張り出してきたら、17%台だった。
サボッてたツケが回ってきた。
体重が全く変わってないからって安心しすぎた。
よく見比べてみると体重を増やせと書かれている数値は変わっていないが、
減らせと書かれている脂肪量は増え、増やせと書かれている筋肉量は増えていた。
20%は何としても切っておきたい。
せめて標準と呼ばれる数値には。

・web拍手返信
>緋椿さんのMADを見て思ったのですが切り替えがうまいですね。
>違和感なく繋げてる所が凄いと思います。

どもです。
自分ではよくわからないのですが……。
Posted at 23:53 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2006.11.16

鏡に映った真実は自分の目に真実として映るかどうか

精神状態が7,8,9月あたりの状態に戻りそうになってる気がする。
平静を保とうとしてる自分が情けない。
再開した運動のおかげで10月半ばからマシになってきていたかと思えば……。
溜息しか出ない。
次いで出てくる言葉は無い。
今はまだ。
だから……。

・コメント返信
山ウニさん
>Lワームが取り込んだ人格を利用しているだけの加賀美弟。
>取り込まれた人格がワームを支配している剣。
>ワーム自身の人格であるひより。
>という対比が活きていた話だと思うのですが、
>他に重要な伏線が加賀美弟にありましたっけ?


お久しぶりです。
山ウニさんの文章を読んで「なるほど」と、何か冷静になることが出来ました。
加賀美弟のエピソードはカブトの中でも自分はかなり好きで、それをずっと引きずってしまっていたようです。
過去のライダーでもあった良いエピソードのただ一つとして既に終わった物として捉えることが出来ていなかったと。
最初と現在で作品の雰囲気が違うせいか、今の状況に不満があるせいで弟にこだわっていたんじゃないかと思います。
初期のままの雰囲気で今まで来ていれば、本編中でたまには思い出したんじゃないかという考えがあるせいかもしれません。
今のカブトは見ていてもストーリーの今後とか全く気にならないんですよね。
今までの平成ライダーの終盤にあった尺は足りるのかという不安みたいな物は一切ありません。
サソードが出てきたあたりまでは楽しんでいたのは覚えているのですが。
自分の価値観の変化のせいも幾らかあるでしょう。
驚くくらいまるっきり何も期待してない自分がいるんです。
事件が起これば即解決。
謎が出てくれば解決するまでなかったように放置。
積み上げてきた物を無視しての唐突な設定。
そもそも何か積み上げてきたのかどうなのか。
そんな諸々の不満がなく純粋に好きだった序盤のエピソードにしがみついている……んじゃないかと思います。
長くてすいません。
Posted at 23:36 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。